筋力 スイーツ

スイーツを食べると、まさかの筋肉アップ?

 

最近は、男性だけではなく女性でも、体のプロポーションを良くするため、また健康のためにスポーツジムや自宅で筋トレを行っている人が多くいます。
そんな筋トレをした後は、体を動かしたことでどうしても空腹を感じやすくなるもの。
けれど、せっかく頑張って筋トレをしたのにそこで食べてしまっては勿体ない、と思いあまり食事を摂らないか、もしくは筋肉をつけるために鳥の胸肉などタンパク質ばかりを中心にした食事を摂る方が多くいます。
特に自分の体に気を遣っている女性であれば、尚のこと食事には敏感になりがち。
スイーツなんてとんでもないという方もいることでしょう。

 

しかし実は、筋トレをした後であれば甘いものを食べても大丈夫なのです!
今までは糖質は脂肪をつきやすくする邪魔者扱いをされてきました。
ところが最近の研究で、筋トレをした後30分以内にタンパク質と糖質を一緒に食べるなら、むしろより効果的に筋肉をつけられることが明らかになったのです。
その仕組みを説明するなら、まずははじめに甘いものを食べると、人間の体内でブドウ糖に変換されます。それらの糖が血液中に入ることで、今度は膵臓からインスリンという物質が分泌され、血糖値を下げると同時に、糖質を人間の内臓も含む各組織に誘導してくれるのです。
その際に、インスリンは糖質を筋組織にも運ぶと共に、糖質と一緒に摂取したタンパク質も運んでくれます。
そのため、筋肉を作る上で欠かすことのできないタンパク質が、より効果的に筋組織に吸収され、筋肉がつきやすい体となるのです。
そんなタンパク質と糖質の組み合わせでオススメなのが、牛乳+プリン1個分というメニューです。タンパク質も糖質も同時に摂れる上に、味の方も相性が良いため、食べやすいものとなっています。

 

更に筋トレ後の甘いものの効果として、疲れを癒す働きがあります。
激しい筋トレをした後には、どうしても体力が消耗し、疲労感や体の怠さを感じやすくなります。そんな時に甘いものに含まれている糖質を摂取するならば、疲れが取れやすくなり、更に頑張るためのエネルギーを与えてくれるのです。
筋トレに限らず、よくテスト勉強などで頭をよく使った時にも、チョコレートなどの甘いものを食べると疲れが少し癒えて気力が湧いてきますが、それも糖質摂取による効果と言えます。

 

もちろん、だからと言って甘いものの食べ過ぎは脂肪がつきやすい原因となってしまいますので注意が必要です。

関連ページ

筋肉を付ける上で有効的な食事をまとめました
筋肉をつけられる有効的な食事をまとめてみた
筋トレはどれくらいでやればいいの?効果的な頻度について
筋トレの有効的な頻度についてまとめてみました
筋トレに大切な成分はこちら!
筋トレには欠かせない成分につれていてまとめてみました
静止・動作をマスターして腹筋を割ろう!
腹筋を割るためにオススメの方法をご紹介します
時間がない方へ!時短トレーニングで効率よく
忙しいサラリーマンの方にオススメの時短トレーニングをご紹介します!
プロテインと筋トレの重要性
筋トレとプロテインのつながりについてまとめてみました
肥大化させるためのトレーニング方法
筋肉を肥大化させるためのトレーニング方法をご紹介します
トレーニングする前の注意点!
トレーニングする前に知っておいた方がいいことをご紹介します
筋肉の成長に必要な10の食べ物
筋肉に必要とされる食べ物についてご紹介します
どれくらいやればいいの?自分に合った目標を持とう!
筋トレの頻度やどれくらいの量をこなせばいいのかわからない方にご紹介します
夏までにTシャツが似合う体になるために!
夏までにTシャツが似合うようになりたい方に上腕二頭筋の鍛え方をご紹介します
上腕三頭筋の鍛え方をご紹介します
上腕三頭筋に関する情報をご紹介します