筋トレ 食事

効果的な食事まとめ

 

筋トレをしている人であれば、体により良い筋肉をつけたいと思っている方がほとんどですよね。
ただ筋トレをすればそれがつくというのではなく、筋トレとそれに付随する食事というのも大事なものとなってきます。
そこで、ここでは、筋トレをしている方にぴったりな食事(食材)と、その食べ方についてご紹介したいと思います。

 

1.筋トレをしている人に向いている食事
筋トレをしている方にとって1番摂取してほしい成分というのは、ご存知の方も多いでしょうが、たんぱく質です。
たんぱく質はエネルギーに代わるものなので、直接脂肪分を取ってエネルギーにしてしまえばよいのではないかと思うかもしれませんが、これは、逆に体の中に脂肪として残ることが多いのでおすすめしません。

 

では、どういった食材が向いているのかというと、よく知られている所で言えば、鶏肉、とりわけ脂肪分のすくない鶏のささみです。
それを1番ヘルシーにした料理というのが茹でたささみですから、これともやしを海の塩(普通の塩は塩化ナトリウムなので、海の塩がベスト)と和えただけのものであれば、必要な栄養素がばっちり摂れて筋肉もつくのでおすすめです。

 

また、豆類というのも植物性たんぱく質なので体に残らず、栄養価も高く、腹持ちも良いので、筋トレをしている人に効果的な食材となります。
豆類を甘く煮てしまうと、当分の過剰摂取になって筋肉以外のものがついてしまうので、海の塩とニンニクや玉ねぎを刻んで焼き炒めするラテンタイプの豆の食べ方をすると、筋トレに効果的です。

 

2.これらの食材を食べる際の注意点
筋トレしてからすぐにこれらの食材を食べればいいのかというとそうではありません。

 

筋トレをし終わってから20分というのはまだ脂肪が燃焼し続けている時です。
ですから、その間にこういったたんぱく質食材をとってしまうと、それが脂肪として体の中に残ってしまうことがありますので、必ず、運動を完全にし終わって(シャワーやお風呂を完全に浴び終わって)からこれらのものを食べるようにしましょう。

 

ただし、一気にお腹がいっぱいになるまで食べてしまってはいけません。
たんぱく質というのは脂肪と変わってしまうこともありますから、腹八分で食べるようにするのがベストです。
筋トレをしている機関というのは、常に満腹ではなく腹八分で食べることによって、体内に脂肪がつきにくく、消化を促すので、こういったことにも注意しましょう。

 

 

筋トレに効果抜群のDCCサプリ

関連ページ

筋トレはどれくらいでやればいいの?効果的な頻度について
筋トレの有効的な頻度についてまとめてみました
筋トレに大切な成分はこちら!
筋トレには欠かせない成分につれていてまとめてみました
静止・動作をマスターして腹筋を割ろう!
腹筋を割るためにオススメの方法をご紹介します
時間がない方へ!時短トレーニングで効率よく
忙しいサラリーマンの方にオススメの時短トレーニングをご紹介します!
スイーツが筋力アップに活躍する!?
筋肉をアップするためにスイーツを取るというのはなかなか発想に出てこないですよね。
プロテインと筋トレの重要性
筋トレとプロテインのつながりについてまとめてみました
肥大化させるためのトレーニング方法
筋肉を肥大化させるためのトレーニング方法をご紹介します
トレーニングする前の注意点!
トレーニングする前に知っておいた方がいいことをご紹介します
筋肉の成長に必要な10の食べ物
筋肉に必要とされる食べ物についてご紹介します
どれくらいやればいいの?自分に合った目標を持とう!
筋トレの頻度やどれくらいの量をこなせばいいのかわからない方にご紹介します
夏までにTシャツが似合う体になるために!
夏までにTシャツが似合うようになりたい方に上腕二頭筋の鍛え方をご紹介します
上腕三頭筋の鍛え方をご紹介します
上腕三頭筋に関する情報をご紹介します