筋肉 食べ物

筋肉の必要な食べ物まとめ

 

 筋肉痛に代表されるように運動をすると
 筋繊維が損傷します。
  この時、損傷した筋肉を修復しようと
 筋細胞が活性することで筋肉増殖するのです。
  これを超回復といいます。

 

 そして、この超回復にはアミノ酸が必要となります。
  そしてそのアミノ酸を精製するために、
 タンパク質が必要となるのです。

 

 しかし、筋肉の成長のプロセスには、
 良質なタンパク質を取る必要があります。

 

  つまり、食事にただタンパク質を
 取り入れるだけでなく、 不健康な食品を
 避けることにも多くの注意を払う必要があります。

 

  ではどの食べ物が筋肉を構築するのに
 役立つのでしょうか。
  この記事では、良質なタンパク質を取ることが
 できる8の食品をご紹介します。

 

1.キノア
  キノアは南米産のタンパク質が
 詰まった穀物です。
  タンパク質が高いだけでなく、
 人体の生成に必要な9つの必須アミノ酸を
 すべて含んでおります。
  お肉を食べられない方にオススメです。

 

2.アーモンド
  アーモンドは、タンパク質が詰め込まれた食品です。
 アーモンドには約8グラムのタンパク質が含まれています。
  これは卵よりも約2グラム多いタンパク質量です。
 またアーモンドには、心臓の健康に良い
 不飽和脂肪とマグネシウムが含まれています。

 

3.コテージチーズ
  低脂肪コテージチーズは脂肪分が少ない食品です。
  2グラム未満(わずか80カロリー)で14グラムの
 たんぱく質を摂取することができます。

 

4.牡蠣
  100グラムの牡蠣は、20グラムの
 タンパク質を含んでいます。
  さらに牡蠣は多くの亜鉛を含有しています。
亜鉛は、マグネシウムと同様に、タンパク質
 合成に不可欠な栄養素です。

 

5.牛肉
  牛肉は、優れたタンパク質源です。
  100グラムの牛肉には、27グラムの
 タンパク質が含まれています。
  牛肉は高脂肪 (11グラムの脂肪と
 約200カロリーを含む)ですが
 牛肉は他の肉類よりも多くの
 ビタミン、亜鉛、鉄分を含んでおり
 筋肉の成長と発達を促進します。

 

6.大豆
  大豆はタンパク質を摂取することが
 できる数少ない食材の一つです。
  また、ビタミンやミネラルの働きを
 助ける効果もある為、肉類と合わせて
 摂取することで筋肉の生成を助ける
 効果もあります。

 

7.卵
  卵には約5?6グラムのタンパク質が含まれ
 わずか60カロリーで効果的にタンパク質を
 摂取することができます。
  入手しやすく、調理もしやすい食材なので
 手軽に食べることができます。

 

8.鮭
  鮭は100グラムあたり約25グラムを
 含有しています。
  また鮭には、不飽和脂肪とオメガ3脂肪酸が
 含まれています。
  他にもマグロなど赤魚はオススメです。

関連ページ

筋肉を付ける上で有効的な食事をまとめました
筋肉をつけられる有効的な食事をまとめてみた
筋トレはどれくらいでやればいいの?効果的な頻度について
筋トレの有効的な頻度についてまとめてみました
筋トレに大切な成分はこちら!
筋トレには欠かせない成分につれていてまとめてみました
静止・動作をマスターして腹筋を割ろう!
腹筋を割るためにオススメの方法をご紹介します
時間がない方へ!時短トレーニングで効率よく
忙しいサラリーマンの方にオススメの時短トレーニングをご紹介します!
スイーツが筋力アップに活躍する!?
筋肉をアップするためにスイーツを取るというのはなかなか発想に出てこないですよね。
プロテインと筋トレの重要性
筋トレとプロテインのつながりについてまとめてみました
肥大化させるためのトレーニング方法
筋肉を肥大化させるためのトレーニング方法をご紹介します
トレーニングする前の注意点!
トレーニングする前に知っておいた方がいいことをご紹介します
どれくらいやればいいの?自分に合った目標を持とう!
筋トレの頻度やどれくらいの量をこなせばいいのかわからない方にご紹介します
夏までにTシャツが似合う体になるために!
夏までにTシャツが似合うようになりたい方に上腕二頭筋の鍛え方をご紹介します
上腕三頭筋の鍛え方をご紹介します
上腕三頭筋に関する情報をご紹介します